HOME > 特殊銘柄 > 反応型PVOH Zシリーズ

特殊銘柄

反応型PVOH Zシリーズ

ゴーセネックスZシリーズ

分子内に反応性に優れたアセトアセチル基を有する特殊変性PVOHです。

ゴーセネックスZシリーズは、アセトアセチル基の優れた反応性を利用し、コート剤、乳化、接着剤、バインダーなどの工業原料、加工剤として、国内はもとより世界各国のユーザーによりご愛顧いただいております。

化学構造イメージ図

ゴーセネックス™Zシリーズの化学構造イメージ図

特徴
  • ・様々な架橋性を有しています。
  •   - 架橋剤の添加による架橋
  •   - 熱処理による自己架橋
  •   - UV架橋(水溶液または含水状態で処理)
  • ・保護コロイド能、界面活性能を有します。
  • ・特に極性表面に対して優れた接着性能を示します。
  • ・キレート生成能を有しています。
  • ・架橋構造はアルカリで分解可能です。

架橋反応

品種と規格
品種 ケン化度
(mol % )
粘度 *1
(mPa・s)
pH *2 揮発分
( % )
用途例
Z-100
98.5以上
4.5~6.0
3.5~5.0
5.0以下
感熱記録紙
Z-200
99.0以上
11.5~14.0
3.5~5.0
5.0以下
感熱記録紙、接着剤
Z-205
99.0以上
11.5~14.0
3.5~5.0
5.0以下
感熱記録紙
Z-210
95.0~97.0
11.5~15.0
4.0~5.0
5.0以下
酢ビEm用乳化剤
Z-220
90.5~92.5
11.5~15.0
3.5~5.5
5.0以下
酢ビEm用乳化剤
Z-300
98.0~99.0
24.0~30.0
3.5~5.0
5.0以下
接着剤
Z-320
92.0~94.0
19.0~24.0
3.5~5.0
5.0以下
水性ビニルウレタン
Z-410
97.5~98.5
43.5~58.5
3.5~5.5
5.0以下
接着剤

*1 : 4 % 水溶液、20℃
*2 : 4 % 水溶液、30℃

ゴーセネックスZの応用例

乳化剤への応用
酢酸ビニル系エマルションの乳化剤として用いますと、従来のPVOHでは得られない高耐水接着強度のエマルションが得られます。
コーティング剤への応用
耐水強度を必要とする塗工紙、非塗工紙等への需要が拡大しており、 感熱紙・インクジェット用紙などのコーティング剤として利用されています。
接着剤、バインダーへの応用
ゴーセネックスZは各種材質との接着性に優れ、かつ耐水性が付与される為、接着剤やバインダーとしての応用も可能です。

推奨架橋剤(Safelink SPM-01)

Sefelink™ SPM-01は、当社独自技術により開発したゴーセネックス™ Z用の新規架橋剤です。 粉末タイプならびに10%の水溶液タイプをご用意しております。

特徴
  • ・ゴーセネックス™ Zの架橋剤として優れた架橋性を発揮します。
  • ・その他の架橋剤に比べ低毒性であり、安全性に優れています。
  • ・配合後のポットライフが長く、取扱いが容易です。
  • ・架橋後の皮膜は、加熱や経時により着色(黄色着色)しにくい特徴を有しています。
Sefelink™ SPM-01の架橋性能
架橋剤 添加量※1 pH 溶出率(%) ※2 ポットライフ
※3
YI値 ※4
Safelink™ SPM-01 5 5.0 3 7日以上 4
Glyoxal 1 4.4 6 7日 12

※1. 有効成分(部)/Z-200
※2. 乾燥皮膜を70℃で 5分間熱処理後、80℃の温水で1時間抽出した際の溶出率
※3. 23℃で7%の水溶液粘度が初期粘度の2倍になるまでの時間を測定
※4. 膜厚:100μm, 40℃,90%RHにて、7日間放置後のYI値(NIPPON DENSYOKU Σ90)
フィルム写真

その他の架橋剤
架橋剤種 商品名 化学品名 取扱い会社 添加量
*1
pH 溶出率(%)
*2
ポットライフ
*3
(hr)
アミン MXDA Methaxylenediamin 三菱ガス化学株式会社 3 10.5 20 0.1
1,3-BAC 1,3-bis
(aminomethyl)
cyclohexane
3 10.5 20 0.1
ヒドラジド ADH Adipoyldihydrazide 大塚化学株式会社 3 5.4 1001) 0.1
APA-280 3 5.4 15 0.1
アルデヒド SEQUAREZ 755 Polyol Carbonyl Adduct OMNOVA Solutions 3 4.3 10 9
金属塩 ZIRCOZOL ZC-2 ZrO(OH)Cl・nH2O 第一希元素化学工業株式会社 5 1.9 3 >168
ZIRCOZOL AC-7 (NH4)2ZrO(CO3)2 5 4.8 202) >168

*1:有効成分(部)/Z-200
*2:乾燥皮膜を70℃で5分間熱処理後、80℃の温水で1時間抽出した際の溶出率
*3:40℃で10%の水溶液粘度が初期粘度の2倍になるまでの時間を測定
1):冷水には難溶の皮膜を形成
2):90℃での溶出試験結果

ゴーセネックスZのEm使用例
エマルション番号
1 2 3 4
重合処方 Z-210(部) 4
Z-220(部) 3
N-300(部) 5
GM-14(部) 3
酢酸ビニル(部) 36 37 45 47
水 (部) 60 60 50 50
重合開始剤 APS APS HPO/TA APS
物性評価 蒸発残分(%) 40 40 50 50
粘度(mPa・s, 25℃) 15,600 27,300 13,000 53,000
pH 4.3 4.2 4.5 4
見かけグラフト化率(%) 76 76 - 42
凍解安定性(回数) 5< 5< 0 5<
耐水接着試験 13hr 95hr × ×

(注)
(1)APS:過硫酸アンモニウム
(2)みかけグラフト化率:20℃で風乾したEmフィルムを40℃アセトン×8hr、80℃熱水×8hrの処理をした後の抽出残分を測定。
(3)耐水接着試験は、エマルションをカバ材の被着面両面にそれぞれ100g/m2塗布した後、 200gf/cm2で24時間圧締、除圧後24時間放置したサンプルを試験片として、沸騰水中に浸漬し、接着面が剥離するまでの時間を測定。

ゴーセネックスZを乳化剤として使用した酢酸ビニルエマルションの物性
重合組成比 エマルション物性 見かけ
グラフト化率
( % ) 
粘度
(mPa・s)
S.V.I 不揮発分
( % )
Z-200:4部 開始剤(APS)
:0.08部
12,000 0.5 40 73
VAC:36部 Buffer(NaOAc)
:0.02部
純水:60部
Z-100:5部 開始剤(APS)
:0.08部
2,300 0.3 50 69
VAC:45部 Buffer(NaOAc)
:0.02部
純水:50部

粘度:B型粘度計、10rpm、25℃
S.V.I:log(2.5rpmでの粘度/20rpmでの粘度)÷0.903より求めた。
不揮発分:試料を105℃、3hr乾燥して求めた。
みかけグラフト化率:20℃で風乾したEmフィルムを40℃アセトン×8hr、80℃熱水×8hrの処理を2回繰り返した後の抽出残分を測定。
*GM-14使用Em.(固形分55 % )のみかけグラフト化率は40~50 %

UV架橋性

ゴーセネックスZは、含水状態でUV照射することで架橋します。

UV架橋性

溶解、貯蔵法

ゴーセネックスZの溶解方法
常温水に撹拌しながら投入します。直ちに昇温し、さらに撹拌を続けながら90~95℃で30~60分保ち、溶解して下さい。
ゴーセネックスZの貯蔵方法
水溶液は長期間、放置により粘度が上昇する等の変化を起こすことがあります。
また、鉄錆、金属イオン等の混入によって着色、増粘を起こすこともありますのでご留意ください。
注意
  • ・消泡剤、防錆剤、防腐剤などの配合に際しては、配合する薬品の取り扱い説明書をご覧ください。
  • ・高温多湿下での貯蔵は、製品がブロック化したり変質する恐れがありますので、避けてください。
  • ・通常の保管取り扱い上は安定ですが、反応性に富む官能基を有していますので、他の薬品との接触や混合は、不溶化、ゲル化等の原因となる事があります。ご留意ください。
ゴーセネックスZの排水負荷
樹  脂 COD(mg/kg)×104 BOD5(mg/kg)×102
ゴーセネックスZ 99 70
ゴーセノール 60~100 50~100
コーンスターチ 36 7,400

測定条件:試料濃度は0.1 % 水溶液
CODは過マンガン酸カリウム法 (JIS K 0102)  BOD5は5日間の BOD値。
測定:計量証明事業登録 大阪府第10013号 株式会社 大阪環境技術センター



このページの先頭へ