HOME > 技術情報 > ゴーセノール™の重合度とケン化度

技術情報

ゴーセノール™の重合度とケン化度

ゴーセノールは、大部分が水酸基の完全ケン化型と酢酸基を持つ部分ケン化型に大別されます。

これらの関係を図示すると下記の様になります。

PVOHの構造式

但し重合度の違いは通常粘度で代用し、一定濃度(通常は4%、20℃)における粘度として表示しております。

PVOHの構造式 図示

重合度とケン化度の影響
ゴーセノールは重合度・ケン化度によりその特性は大きく変化します。その特性は一般に下表のようになります。
重合度が
高くなると 低くなると
溶液粘度は 高くなる 低くなる
皮膜強度は 強くなる 弱くなる
溶解性は 水に溶けにくくなる 水に溶けやすくなる
ケン化度が
高くなると 低くなると
溶液粘度は 若干高くなる 若干低くなる
皮膜強度は 若干強くなる 若干弱くなる
溶解性は 冷水に溶けにくくなる 冷水に溶けやすくなる


このページの先頭へ