HOME > ゴーセノール™の概要 > 危険性および取扱上の注意

ゴーセノール™の概要

危険性および取扱上の注意

以下に、ゴーセノールをご利用いただく上での諸情報を記載いたしました。記載内容は主に公表された資料やデータに基づいて作成していますが、必ずしも保証値ではありません。また、注意事項などは通常の取り扱いを対象としたものです。特殊な取り扱いをする場合には、用途用法に適した安全対策を実施してご使用ください。

ゴーセノール(GOHSENOL)の帰属
化学名 ポリビニルアルコール
慣用名 PVOH、PVA、ポバール
既存化学物質番号 6-682
CAS No. 9002-89-5(完全ケン化型)/25213-24-5(部分ケン化型)
FDA. 収載表
危険性情報(N型・G型)
引火点 70℃以上(セタ密閉式)
発火点 440℃(層状)
520℃(浮遊状)
可燃性 消防法の非危険物、指定可燃物(可燃性固体類)に該当。
粉塵爆発性 爆発下限35g/m3
有害性情報
刺激性 ウサギの眼球への粉末挿入テストでは「部分ケン化型」では異常は認められず、「完全ケン化型」ではわずかに刺激が認められた。ウサギの皮膚へのバッチテストでは「部分ケン化型」ではわずかに刺激が認められたが、「完全ケン化型」での異常は認められず。
急性毒性 経口ラット LD50 2,000mg/kg超
経皮ラット LD50 2,000mg/kg超
ただし上記2例ともラットの死亡例も異常も認められず。
亜慢性毒性 5 % ポリビニルアルコール食塩水溶液(0.9 % )を1ml、25日間、毎日ラットに皮下投与したところ、高血圧症や腎臓、肝臓および心臓肥大が認められた。
がん原生 過去のラットによる実験にみる限り、発癌性は認められていない。
変異原生
(微生物、染色体異常)
ハムスターの染色体テストおよびハツカネズミの微細胞核テストでは、突然変異性は認められていない。細菌を用いる変異原生試験で陰性。

*詳細は各グレードのSDSをご確認ください。

有害物質分析結果(例.GL-05)
分析項目 結果 検出限界 分析方法
Pb 検出せず 0.05ppm 原子吸光光度法
Cd 検出せず 0.01ppm 原子吸光光度法
T-Hg 検出せず 0.01ppm 還元気化原子吸光光度法
Cu 検出せず 0.05ppm 原子吸光光度法
Zn 検出せず 0.05ppm 原子吸光光度法
Mn 検出せず 0.05ppm 原子吸光光度法
Ni 検出せず 0.05ppm 原子吸光光度法
T-Cr 検出せず 0.5ppm ジフェニルカルバジド吸光光度法

試験依頼元:(財)日本食品分析センター(平成6年4月7日/第OS7031168-001号)



このページの先頭へ