HOME > 特殊銘柄 > アニオンPVOH Tシリーズ

特殊銘柄

アニオンPVOH Tシリーズ

ゴーセネックスT シリーズ

分子内にカルボキシル基を有するアニオン性の特殊変性PVOHです。

ゴーセネックスTは、優れた溶解性や接着性に加え、カルボキシル基の反応性を利用し、コート剤(特に紙用コート剤)、接着剤、バインダーとして、国内はもとより世界各国のユーザーによりご愛顧いただいております。

化学構造イメージ図

ゴーセネックス™Tシリーズの化学構造イメージ図

特徴
  • ・水溶液は高分子電解質挙動を示します。
  • ・水に対する溶解性に優れています。
  • ・水溶液は粘度安定性に優れ、高剪断速度下における流動異常を起こしにくく、高速塗工性が良好です。
  • ・アルカリ水溶液への溶解性に優れています。
  • ・デンプンなどの水溶性高分子との相溶性が良好です。
  • ・金属イオン(特にアルミニウムイオン)とキレートを形成し、架橋、不溶化します。
  • ・紙への塗工において、表面強度・Z軸強度の向上に優れます。
  • ・紙のバリヤー性改善に有効です。

アミログラフによるゴーセネックス™ T-330Hの溶解チャート

高せん断速度下における流動性

デンプン混合皮膜の透明性

ゴーセネックスTの品質と規格
品種 ケン化度
(mol %) 
粘度 *1
(mPa・s)
pH *2 揮発分
(%)
用途例
T-330H 99.0以上 27.0~32.0 3.5~5.0 5.0以下 感熱記録紙
T-330 95.0~98.0 27.0~33.0 3.5~5.0 5.0以下 感熱記録紙、接着剤
T-350 93.0~95.0 27.0~33.0 3.5~5.0 5.0以下 感熱記録紙

*1 : 4%水溶液、20℃
*2 : 4%水溶液、30℃

ポリアミドエピクロルヒドリン樹脂による架橋性
品種 架橋剤量
(%)
フィルム乾燥条件 溶出率
(%)
T-330 0 23℃×風乾
70℃×2min
70℃×10min
100
100
100
5 23℃×風乾
70℃×2min
70℃×10min
100
100
64
10 23℃×風乾
70℃×2min
70℃×10min
71
59
42

溶出率:フィルムを70℃×1hr熱水抽出した際の溶出率(%)を算出
架橋剤: WS-570 (固形分: 12.5%)   星光PMC製
架橋剤量: 有効成分量/PVOH

生分解性
品種 生分解率(%)
ゴーセノールGH-17 67
ゴーセネックスT-330 45

生分解性試験:
「プラスチック-水系培養液中の好気的究極性分解度の求め方-閉鎖呼吸計を用いる酸素消費量の測定による方法」に準じて試験実施。(JIS K6950:ISO14851:1999)
試験条件:
試料物質濃度 100mg/lx 植種濃度 90mg/l 標準試験培養液 300ml
試験温度 25±1℃ 試験期間 28日 
活性汚泥 三菱ケミカル株式会社岡山事業所内の返送汚泥を使用

応用例

紙加工剤
紙の表面強度、印刷適性、ベッセルピック防止、Z軸強度の向上に有効です。
部分ケン化型は、紙のバリヤー性改善に有効で、シリコーン離型紙のアンダーコート剤等として利用されています。
合板用接着剤
初期接着力に優れています。
セメント・モルタル用混和剤
アルカリ安定性に優れています。

紙加工材合板接着剤モルタル用混和剤

ゴーセネックスTの紙塗工物性
品種 IGT Pick 強度
(cm/sec)
Z 軸強度
(kg/cm)
透気度
(sec)
吸油度
(sec)
ゴーセネックスT-330H 95 2.5 10 12
ゴーセネックスT-330 90 2.3 13 20
ゴーセネックスT-350 85 2.2 35 80
ゴーセノールN-300 65 1.7 8 10
酸化デン粉 50 1.3 8 8

原紙:L-BKP 100 % 、坪量 66g/m2  サイズプレス:90m/min 線圧 11kg/cm
乾燥:150℃×3min  着量:1g/m2

溶解法

ゴーセネックスTの溶解方法
常温水に徐々に投入し、よく分散させた後、昇温しさらに撹拌し続けながら80~90℃で30~60分保ち溶解してください。
ゴーセネックスの排水負荷
樹脂 COD(mg/kg)×104 BOD5(mg/kg)×102
ゴーセネックスT-330 99 83
ゴーセノール 60~100 50~100
コーンスターチ 36 7,400

測定条件:
COD(化学的酸素要求量);過マンガン酸カリウム法(JIS K 0102)
BOD5;5日間のBOD(生物学的酸素要求量)値
試料濃度は純分換算試料濃度は0.1 % 水溶液
測定:計量証明事業登録 大阪府第10013号 株式会社 大阪環境技術センター



このページの先頭へ