HOME > 技術情報 > ゴーセノール™の使用法 > 耐水化剤について

技術情報

ゴーセノール™の使用法

耐水化剤について

耐水性が必要な場合には、N型ゴーセノール™が有効です。

N型ゴーセノール™は、単独でも熱処理によって耐水効果が得られます。この場合、処理温度が高いほど耐水効果が顕著になります。A 型、G型ゴーセノール™の場合でも耐水化剤を併用することにより耐水性を発揮できます。この場合処理温度が高いほど効果が期待できます。耐水化剤としてグリオキザール、ジメチロール尿素またはトリメチロールメラミンなどが使用できます。

※更に高い耐水性を付与したい場合は、ゴーセネックス™ Zシリーズをお奨めします。



このページの先頭へ