HOME > 用途一覧 > 紙加工用途

用途一覧

紙加工用途

ゴーセノールは紙の表面加工樹脂として幅広く利用されています。品種により種々の特性があり、紙に塗工することにより色々な特性を付与することができます。

期待される効果
(a) 強度の向上
  • ・表面強度(印刷適性)
  • ・Z軸強度(紙層内部強度)
  • ・耐折強度
  • ・耐磨耗性
(b)平滑性の向上
(c)表面光沢の向上
(d)耐油、耐溶剤性の向上

紙加工用途への使用例
用途 特性 ゴーセノール
ゴーセネックス推奨品種
コート原紙 ブリスター強度、Z軸強度、流動性 T-330H, N-300
印画原紙 紙力強度、サイズ度 T-330H, N-300
難燃紙 接着強度、相溶性、離型性 T-330H, N-300
紙幣 耐折強度、紙力強度 T-330H, N-300
離型紙 バリア性 T-350, T-330, GH-17R, N-300
カップ原紙 バリア性、接着強度 T-350, T-330
ライナー 表面強度、ケバ防止、表面光沢、
離型性
N-300
白板紙 表面強度、ケバ防止、表面光沢、
離型性
N-300
感熱記録紙 染料分散性、顕色剤分散性 L-3266, GL-03
接着力 GL-05
耐水性、耐可塑剤性 Z-200, Z-100, Z-300,
Z-410, T-350, T-330
インクジェット用紙 光沢性、インク吸収性、耐候性、
インク定着性
K-434, Z-320, NK-05R


このページの先頭へ