HOME > 用途一覧 > 塩ビ懸濁重合分散剤用途

用途一覧

塩ビ懸濁重合分散剤用途

塩ビ懸濁重合とPVOHの役割
塩ビ懸濁重合の分散安定剤として水溶性高分子が使用されていますが、その中でも重合度、ケン化度等により塩化ビニルモノマー(VCM)への界面活性能を広範囲に制御することが可能なことから、各種PVOHが使用されています。
塩ビ懸濁重合は、塩化ビニルモノマーを攪拌と分散剤によって水に懸濁し、数時間重合することで粒子径50~200μのポリ塩化ビニル(PVC)を製造する技術です。製造されたポリ塩化ビニルの粒子径、粒子形状、嵩比重等の粉体特性は重合中の粒子形成過程によって変化します。
ポリ塩化ビニルの粉体特性を左右する粒子形成過程におけるPVOHの役割は、非常に大きく、ポリ塩化ビニルの粉体特性の5~8割は、PVOHによって支配されます。
また、分散剤に要求される特性も変化しつつあります。例えば、昨今では塩ビ懸濁重合時の除熱能力の向上により高速重合化が進んでおり、ポリ塩化ビニルの残留塩ビモノマーの抜け性等を損なうこと無く、生産性と環境の両面に対応出来るPVOHが求められております。
この様な市場の様々なご要望に応えるべく、当社では独自の技術で開発した種々の界面活性能を有する塩ビ懸濁重合用分散剤(1次分散剤、2次分散剤)を品揃えしております。

PVOHの役割

1次分散剤
品種 ケン化度
(mol % )
粘度 *1
(mPa・s)
特徴
GH-23 86.5~89.0 48~56 高BD用
GH-22 86.5~89.0 45~52
GH-20 86.5~89.0 40~46
GH-17R 86.5~89.0 27~33
KH-20 78.5~81.5 44~52 重合安定性 良
KH-17 78.5~81.5 32~38
KP-08R 71.0~75.0 6.0~8.0 ポロシティ 良

*1: 4%水溶液、20℃

2次分散剤
品種 製品形態 ケン化度
(mol% )
粘度 *1
(mPa・s)
特徴
LW-100 39~41%
水溶液
39.0~46.0 500~2,500 ポロシティの均一性を向上
LW-200 46.0~53.0 500~2,000

*1:39~41%水溶液を25℃で測定

SUMMARY OF PVOH FOR PVC SUSPENSION



このページの先頭へ