HOME > 用途一覧 > 乳化剤用途

用途一覧

乳化剤用途

ゴーセノールは疎水基と親水基を分子内に併せ持つことから、合成樹脂エマルションの乳化剤として、優れた特性を発揮します。
特に、市販の界面活性剤と比較して、

  • 1.良好な保護コロイド性
  • 2.乾燥後の皮膜の強靱性
  • 3.セルロース等の親水性材料への接着性

などの特長を有していますので、木工および紙用途での接着剤として使用される酢酸ビニル系エマルションの重合用乳化剤として用いられます。

一般にゴーセノールを乳化剤にした場合、得られるエマルションは下記の性質を示します。

  • 1.G型(部分ケン化PVOH):エマルションの粘度安定性や高チクソ性、高粘度
  • 2.N型(完全ケン化PVOH):エマルションフィルムへの耐水性の付与。低チクソ性
  • 3.A型(準完全ケン化PVOH):上記2タイプの中間的な性質(耐水性と粘度安定性の両立)

SUMMARY OF PVOH FOR PVAc EMULSION

マルジョン皮膜の耐水性

低温下のEm粘度とPVOH鹸化度の関係



このページの先頭へ